BLOGブログ
BLOG

3次元CADとは?用途についてもご紹介

2021/11/01
機械や部品などのものづくりをするにあたり、設計は欠かすことのできない大切な作業です。
設計ツールのうち、3次元CADは、多くの情報を表現できることから、より複雑な形状のものづくりの際に役立ちます。
今回は3次元CADがどのようなものか、用途は何かについてご紹介します。

▼3次元CADとは?

3次元CADとは、3Dモデルを設計できる、設計支援ツールです。
CADとはComputer aided designの略称で、和訳すると「コンピュータ支援設計」という意味を持ちます。
3次元CADの利点は、重量や強度の計算、デザインの評価など設計の過程でおこなう作業が効率的にできることです。

▼3次元CADの用途

3次元CADにはさまざまな用途があります。
3Dプリンターで使われている拡張子の3Dデータを作成することや、シミュレーション作業がその一例です。
シミュレーション作業は、3次元CADで作成した3Dモデルを使用しておこないます。

▼複雑な形状のものづくりには3次元CADを

3次元CAD には、2次元CADよりも多くの情報量を表現できる利点があります。
3Dモデルによって重心や体積などの情報が得られるため、より複雑な形状のものづくりに適しているといえるでしょう。
静岡県沼津市にあるフリースタイルデザインズ株式会社は、3次元CADを使用した設計によるものづくりを得意としています。
機械や部品など、さまざまなものづくりに対応しているので、専門業者をお探しでしたらぜひご相談ください。